ご挨拶

謹啓

 この一年余り、社会に混乱をもたらしてきた COVID-19再拡大のなか、オリンピックの夏となってまいりました。四国透析療法研究会の皆様におかれましては益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
 さて、今年度の第55回四国透析療法研究会は愛媛県が担当で準備を進めさせていただいておりますが、現在ワクチン接種が進んでいるものの、東京は緊急事態宣言下にあり、ここ四国でも開催日までの終息が見通せない状況と思われます。そのため、参加の皆様の安全と地域における感染拡大防止を考慮し、昨年に引き続き、今回も全てのプログラムをWEBでの開催とさせていただきます。

 WEB開催の方法ですが、一般演題はアクセス時のトラブルを避けるため、オンデマンド配信とし、特別講演、共催セミナーの各プログラムは、共催各社のご協力のもとライブ配信とさせていただく予定です。また、日本透析医学会などの単位取得に関しましては、従来通りの取得が可能となるよう準備しております。開催の詳細や参加登録に関しましては、改めてご案内させていただきます。また、適宜、当ホームページを更新し情報をお伝えして参りますのでどうかご確認下さい。

 例年のように対面での意見交換や交流を深めることはできませんが、しっかり情報発信できるように準備を行いたいと考えております。会員の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、諸事情をご理解いただき、また会に際しましては多くの演題登録を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 会員の皆様の益々のご活躍を祈念いたしております。

謹白

2021年7月 吉日
第55回四国透析療法研究会
代表世話人 菅 政治(愛媛人工透析研究会会長)